飲む前に飲む玉ねぎスープ

こんばんは、
お菜家です。

先日、東京の街は一夜にして実に4年ぶりとなる雪景色を拝むことになりましたね。

その影響からか、ここ数日は非常に寒い日々が続いており、こたつや布団の威力が一層増しています。

こんな寒い日は外に出たくないと思われる方も多いでしょうが、お菜家は寒い日も元気に営業しております!

寒い季節はとくに体が冷え込みますね!
本日は冷え対策になるお酒の飲み方を少し紹介します。

大半の方は冬でも乾杯はビール!というパターンがほとんどです。

お酒を飲むと血行が良くなり、温かくなってきたと思いがちですが、
発汗作用もあり、結局は体を冷やしてしまいます。

冷えたものを体内に入れると、まず胃が冷え切って動きが鈍くなり消化が悪くなったり、ほかの臓器まで冷えてしまうことにつながるそうです。

そもそも、お酒って体を冷やす性質のものが多いのです。
唐辛子などの辛くて汗をかくような香辛料と同じ原理ですね。

しかし、なかなか辞められないのがお酒…
わたしももちろんその一人です。

そこで冷え対策、寒い中、ご来店頂いただいたお客様の為に
お酒に合うお通しと”北海道玉ねぎ”を使用した『ゴロっと玉ねぎ』オニオンスープをお1人様一杯ずつサービスでご用意しております。

かけつけ1杯目でビール!の乾杯を我慢して、
オニオンスープで胃を温めてからグビット乾杯しちゃって下さい。
強制的ではないですが…(笑)一度試してみてください。

 

あとは大事なのが「飲み方」です。
同じワインでも、冷やして飲むことが多いシャンパンや白ワインより、

常温で飲むことが多い赤ワインの方がより体を温めてくれます。
ホットワインは体を温める冬の飲み物として有名ですが、

要は日本酒の熱燗も焼酎のお湯割りも同じで、同じお酒でもどの温度で飲むのかで体を温める効果は変わります。

 

最後に余談ですが、冬は1年で最も判断力が鈍る時期なのだそうです。

気になる彼、彼女と温かいホットワインを飲んで心も体もホットになるとこの寒さも乗り越えられそうですね!

・・・失礼いたしました。

お酒を飲み過ぎるのは冷えにつながりやすいということはあまり飲み過ぎず、
程々に!

しかし、なかなか辞められないのがお酒…
わたしももちろんその一人です(笑)

それでは、スタッフ一同心よりご来店お待ちしております。

お得なクーポンを使って「お菜家:新宿店」を予約しよう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお菜家 新宿店をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です